Home > news > After One Year [Herman Miller Store]

After One Year [Herman Miller Store]

  • 2012-03-06 (Tue) 12:16
  • news


石巻工房のプロジェクトでデザインした「ブオナペスカ(大漁)帆布」のBAGが
ハーマンミラーストア(丸の内)で展示販売されます。
南三陸の漁師の奥さんたちが縫ってくれたBAGです。

初日にはトークショーも開催されます。

After One Year

ハーマンミラーストアでは、石巻工房はじめ被災地復興支援プロジェクトに
焦点を当て、各プロジェクトで開発された商品の販売会を開催致します。

日時:2012年3月11日(日)~31日 (土) 11:30~20:00
場所:ハーマンミラーストア
東京都千代田区丸の内2-1-1 TEL: 03-3201-1840

[トークセッション]
日時: 2012年3月9日(金) 19:00~20:30 (開場18:30)
場所: ハーマンミラーストア 東京都千代田区丸の内2-1-1 TEL: 03-3201-1840
定員: 先着50名 (参加費無料・要予約)
ご予約方法:3月8日(木) までに、お名前と人数、当日の連絡先を明記のうえ、
題名を「After One Year セミナー参加希望」として、info_storetokyo@hermanmiller.com までご連絡頂けますようお願い致します。

[ブオナペスカについて]
このプロジェクトは被災地のアイデンティティとなるような「材料」の
デザインを生み出す試みです。

このテキスタイルは、被災地での雇用創出を目的としてデザインされました。
網にかかったゴールドとシルバーの魚のグラフィックは、漁港が多い被災地が再び
「大漁」となることをイメージしています。
縫製は南三陸の漁師の奥さんたちによるものです。
彼女たちが親しみを持って仕事ができるよう南三陸でとれるタコも描かれています。
帆布は岡山県の倉敷より提供された「B級帆布」。
目立たない小さなキズがありますが、魚たちがそれをカバーしています。

スイスでイラストが描かれ、東京でグラフィックパターンができあがり、
岡山で帆布が織られ、京都でプリントされ、
そして東北の被災地でプロダクトが縫製されて、これから世界に飛び出そうとしています。

製造販売元:石巻工房
企画:有限会社ドリルデザイン
運営:アクシスギャラリー
協力:ふんばろう東日本支援プロジェクト・株式会社丹青社・株式会社バイストン・アイシン精機株式会社・石巻2.0・千葉隆博・梶原千恵・石巻日々新聞

イラストレーション:AOI HUBER
デザイン:DRILL DESIGN


くわしくは下記をご覧ください。
http://www.hermanmiller.co.jp/aboutus/hmnews120228.html
http://hermanmiller.co.jp/storetokyo/
http://ishinomaki-lab.org/2012/02/28/brand/


ブオナペスカ帆布BAG M/¥3675 S/¥2625



Home > news > After One Year [Herman Miller Store]

Page Top